読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【奈良】古来からの桜の名所 吉野山の一目千本桜

 関西に住むようになってから、「吉野の桜は一度見ておいた方がいいよ。」と言われながらずっと行けていませんでしたが、今年はついに重い腰を上げて行ってきました。

 

 シーズン中はすごく混むとのことなので、1か月前から桜の見頃を予想して予約しておいた朝一のさくらライナーに飛び乗ります。

(贅沢してDX席にしました。早起きしたので吉野に着くまでに寝不足を解消します。笑)

f:id:K-B:20170414214604j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170414214606j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 そして8時半には吉野に到着。

 しかしすでにそこそこの人出。

 

 とりあえず臨時のバスで中千本公園まで行き、さらに竹林院前からバスで奥千本の前まで行こうとしましたが、竹林院前から奥千本まで向かうバスが既に2時間待ち・・・*1。普通に歩いた方が速い。

 なので、あきらめて徒歩で奥千本を目指します。

 

 想像していた以上に急な坂がずっと続きます。これはご老人には辛い(だからあんなにバスの待ちがいたのですね。)。

 途中であきらめて折り返そうかなとも思いましたが、何とか金峰神社に到着!!中千本エリアから約1時間かかりました。

 

f:id:K-B:20170414214615j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 この金峰神社は世界遺産です*2

f:id:K-B:20170414214608j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 金峰神社を参拝したあとは、更にその奥、西行庵のある奥千本エリアに入っていきます。ここの道のりもかなり険しかったです。西行庵まで行って戻ってくるのでだいたい40分(往復)程度でした。

f:id:K-B:20170414214609j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 そして、奥千本エリアはまだ3分咲くらいでしたが、紀伊山地の山々が壮大に見えて綺麗でした。

f:id:K-B:20170414214610j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170414214612j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 奥千本エリアを回った後は、下っていくだけですが、下り坂がまた辛い。

 それでも何とか途中の吉野水分神社(世界遺産)まで下ってきました。

f:id:K-B:20170414214616j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170414214618j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 ここで参拝した後は、更に約5分ほど下って花矢倉展望台へ。

 この景色は有名ですね!

f:id:K-B:20170414214619j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 実際に目で見た感想は、言葉を失うぐらいの絶景です。辛い坂を登るだけの価値はあります。

 

 この後は、展望スポットとして有名な、吉水神社(世界遺産)の庭へ。

f:id:K-B:20170414214620j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170414214622j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 この景色も有名です。まさに「一目千本」(千本の桜を一目で見渡せるという意味)です。

 

 さて、桜をかなり堪能しましたが、この時期は金峯山寺(世界遺産)の本堂(国宝)で木造蔵王権現立像が特別開帳されていますのでこれも見に行きます。

 この権現立像は青色なのですが、この青がすごく心を引き寄せます。写真撮影は禁止なので、是非とも見に行かれて見て下さい。

 

f:id:K-B:20170415005647j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 初めて吉野に行きましたが、とにかく満足しました。

f:id:K-B:20170414214623j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170414214625j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 朝からハードに坂を登って疲れ果てたのとで、もう少し歩いて散策する体力は残っていなかったので、ささっと大阪に帰ります*3

 帰りの吉野駅前では、午後から来た人でロープウェイもバスも朝以上に大行列になっていました。

 

 そういえば、キャッシュバックキャンペーンに乗っかって、2010年に購入したD5000とDXレンズを下取りに出して、D750のズームレンズキットを購入しました。ついにFX機(フルサイズ)デビューです。

 GWにも旅行の予定を入れているので、どんな画を撮ってくれるのかとても楽しみです(使い勝手やD5000との違い等の感想は機会があれば記事にします。)。

 

P.S. 特急列車については、橿原神宮前駅から吉野駅までの利用(行きは橿原神宮前駅まで橿原線利用、帰りは橿原神宮前駅で橿原線に乗り換え)という需要もそこそこあるので、大阪阿部野橋駅から特急で行く場合は、「大阪阿部野橋駅→吉野駅」、「吉野駅→大阪阿部野橋駅」の区間が満席でも、「大阪阿部野橋駅→橿原神宮前駅」、「橿原神宮前駅→大阪阿部野橋駅」の区間は空席が残っていることがあります。そのため、橿原神宮前駅↔吉野駅区間は急行や普通に乗れば途中までまたは途中からは特急に乗ることが出来る場合があります。

 

 これは、近鉄名古屋駅や京都駅(東京方面からの新幹線からの乗り換えを含む)から吉野駅に来る人が一定数いて、その人たちが橿原線経由になるからです。

---------------

《今回の旅の旅程*4

7:10 大阪阿部野橋駅(特急さくらライナー)→8:26/8:40 吉野駅(吉野山臨時バス〔奈良交通〕 約10分)→ 中千本公園 

・・・《吉野山散策*5(昼食)》・・・

14:34 吉野駅(特急)→ 16:51 大阪阿部野橋駅

--------------- 

《今回の費用》

①交通費:5,410円

・吉野山・蔵王堂特別拝観券付割引きっぷ*6 2,590円

・特急券

 さくらライナー(DXシート:大阪阿部野橋駅→吉野駅) 1,440円(1,020円+420円)

 特急(普通席:吉野駅→大阪阿部野橋駅) 1,020円

・バス代(吉野駅→中千本公園) 360円

②拝観料等:200円

 吉水神社(協力金) 200円

 金峯山寺・蔵王堂 0円(割引きっぷに込み)

③合計5,610円(+食事代、御朱印代、お賽銭等)

--------------- 

*吉野山観光協会公式ホームページ

http://www.yoshinoyama-sakura.jp/

*吉水神社公式ホームページ

http://www.yoshimizu-shrine.com/

*金峯山寺公式ホームページ

http://www.kinpusen.or.jp/

--------------- 

*1:吉野駅と中線本公園間の臨時バスは通常の路線バスと同一のバスを使用しているのに対し、竹林院前から奥千本まで向かうバスは小型のバスを使用していて乗車可能人数がかなり少ないようです。

*2:正確には吉野・大峰エリアが紀伊山地の霊場と参詣道を構成するものとして、世界遺産に登録されており、金峰神社はその登録資産です。

*3:あらかじめ帰りの特急も予約していました。当日の段階では特急は夕方遅くまで満席になっていました。

*4:2015年4月時点での日祝ダイヤです。

*5:中千本公園バス停(竹林院の前)→金峯神社:徒歩約60分/金峯神社→奥千本エリア(西行庵)→金峯神社:徒歩約40分/金峯神社→吉野水分神社:徒歩約20分/吉野水分神社→花矢倉展望台:徒歩約5分/花矢倉展望台→竹林院:徒歩約20~30分/竹林院→吉水神社:徒歩約10分/吉水神社→金峯山寺:徒歩約10分/金峯山寺→(七曲り坂)→吉野駅:徒歩約30分~40分

*6:往復乗車券+金峯山寺・蔵王堂特別拝観券