【大阪】箕面で森林と滝に癒やされる旅

 今回は、阪急に揺られて近場の箕面にやってきました。

 

 ということで、箕面の滝を目指して箕面公園へ。

 新緑と川のせせらぎに癒やされながら、ひたすら登っていきます。

f:id:K-B:20170406013633j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 魚眼レンズでも撮ってみました。

f:id:K-B:20170406013647j:plain

 (Nikon D750+SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE)

 

 途中ではシートを広げてお弁当を食べている方もたくさんいらっしゃいました。ザ・ピクニックって感じでいいですね。

 

 そして、箕面駅から徒歩約40分程度で滝に到着。

f:id:K-B:20170406013741j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170406013753j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 結構外国の方も来てました。

 阪急に乗ればすぐに箕面駅まで行けて、そこから箕面の滝までの道(坂)もそこまでキツくなく、距離もちょうど良いくらいなので、ちょっと自然とふれ合いたい・癒やされたいと思った時はとてもよいスポットだと思います。

 

 この後は、更に歩いて勝尾寺の方まで行ってみることも考えたのですが、初箕面だったので今日はほどほどにってことで折り返すことに。

 

 箕面公園の入口付近にある「cafe&bar Hashimototey」さんで食事を。

 ここは、明治時代に建てられた旅館建物を活用してカフェをやっっているお店です。

 すごくおしゃれな雰囲気でした。もちろん、料理の味も良かったです。

(写真取り忘れました・・・)

 

 その後は、汗を流してすっきりすべく、「箕面温泉スパガーデン」*1へ。

 しかし、これが私には正直失敗でした。

 

 土日祝日の料金は1,980円*2とかなり高めの設定なのに、温泉(風呂)が微妙でした。

 

 たしかに、好きなデザインの浴衣を選べる、風呂上がりのフードコートや休憩所は充実している(横になって読める漫画部屋やスーパーファミコンで遊べるエリアなどがある)、イベントも色々やっているという点では頑張っていると思うのですが、それでも建物は古めで、浴槽の種類も街中のスーパー銭湯の方が充実しているのではという感じで、1,980円では元が取れた感じがしませんでした。

 家族でいって、風呂上がりもゆっくり滞在して楽しむという目的であれば良いのかもしれませんが、温泉を楽しみたいという目的は満たされませんでした。

 要は、合う合わないは目的次第というところですかね。

 

 ちなみに、CMなどで見かける「天空の露天風呂」は箕面観光ホテルの宿泊者専用で、スパガーデンの入浴者は利用できません。

 

 以上、初めての箕面公園でした。

 

---------------

《箕面の滝への公共交通機関でのアクセス》

箕面駅から 徒歩約40分*3

---------------

《今回の費用》

①交通費:梅田駅(阪急)↔箕面駅(往復) 540円(270円×2)

②入浴代:箕面温泉スパガーデン 1,980円

③合計2,520円(+食事代等)

※箕面公園は入園無料です。

---------------

*箕面公園公式ホームページ

http://www.mino-park.jp/

*箕面温泉スパガーデン公式ホームページ

http://minoh-spa.ooedoonsen.jp/

---------------

*1:経営不振で2012年に経営会社が民事再生の申立てをし、2013年に箕面観光ホテルと共にそのスポンサーが大江戸温泉物語になりました。

*2:18時以降であればナイター料金で少し安くなります。

*3:たくさん案内があるので迷いません。