読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大阪】星のブランコと岩窟めぐり

 前回に続いて大阪シリーズです。

 大阪にも探せば絶景スポット、楽しめるスポットはいくつかありますが、本日は交野市(かたのし)にやってきました。

 

 交野市の中心部からちょちょっと山の方へ入っていったところにある「ほしだ園地」。

f:id:K-B:20170405211354j:plain

  (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 ここには、巨大な吊り橋があります。

 その名も「星のブランコ」!

f:id:K-B:20170405211437j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 全長280m、最高地上高50mの日本屈指の大きさの吊り橋です。

 橋の真ん中からの景色も圧巻ですが、高所恐怖症の人には地獄でしょうね。

f:id:K-B:20170405211452j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 なんで山の中にこんなもの作ったの?という疑問はありますが、とにかく絶景でした。

 紅葉の時期は景色がもっと綺麗みたいです(その分混雑もするそうですが。)。

f:id:K-B:20170405211559j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170405212251j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 ほしだ園地自体の敷地もとても広く、何種類かハイキングコースがあって、駐車場から吊り橋まで行くのにもそこそこ山を登ります。

 なので、歩きやすい靴と水分補給用の飲料は必須です。お弁当を持ってきて広場で食べるもの楽しいかもしれません。

 

 あと、駐車場の台数はそれほど多くないようで、帰り際は駐車場待ちが発生していました。車で行く*1のであれば駐車場の開門と同時くらいが理想かもしれません。

 

 

 ほしだ園地のハイキングの後は、ここから車で約5分の磐船神社。

 「天の磐船」という巨岩をご神体としている神社です。

f:id:K-B:20170405212216j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170405212236j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 ここには、巨大な岩と岩の間の狭い穴をくぐり抜けて拝観を行う「岩窟めぐり」という体験ができます。

 

 ということで、 高い所へ登った後は、地底を這っていきます。

 これが入口。いきなり狭いです。

f:id:K-B:20170405212313j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170405212327j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 この岩窟めぐりは大変危険ということで、神社から以下のような注意事項が出されています。

 

・行衣(しろたすき)着用の事(社務所で貸し出しあり)
・滑りやすい靴はわらぞうりに履き替え(社務所で貸し出しあり)
・年齢制限(10歳以上75歳未満)
・飲酒後の拝観不可
・夜間、雨天時、増水時は拝観不可

 

 過去には、女性が転落して亡くなるという痛ましい事故も存したとのことで、拝観するためには上記以外にも以下の点を守る必要がありました。

 

・必ず社務所で受付(その際に承諾書への署名)*2

・原則1人での拝観不可*3

・写真撮影禁止

 

 したがって、岩窟内の写真はありませんが、言葉で表現すると

 

 薄暗い

 大人1人がやっと通れる大きさの穴が多数

 不安定な足場

 多数の水流・水たまり

 

という感じでとにかく大変でした。

 

 でも、その大変さの分、出口を出た後の清々しさはたまりませんでした。

 

 ご興味のある方は是非、実際に行って拝観されてみてください(順路の矢印、狭いところの通り方の説明があったり、足場の補強がなされたりと、事故を踏まえての安全対策はかなりなされています。)。

 服が岩とものすごく擦れますので、汚れても良い服装で行くのが良いと思います。

 

 

追伸:交野には日本トップレベルのうどん屋である「楽々」さん*4があると聞いていたので、磐船神社で拝観して気分が晴れやかになった後に移動して店の前まで行ってみたのですが、大行列すぎて断念しました。

 いつか再チャレンジしたい!!

 

---------------

《ほしだ園地への公共交通機関でのアクセス》

 京阪交野線私市駅から 徒歩約40分*5

 

《磐船神社への公共交通機関でのアクセス》

 京阪交野線交野駅から タクシー約15分*6

 学研都市線河内磐船駅等から タクシー約10分

---------------

《今回の費用》

①交通費:3,584円

・乗車券

 淀屋橋駅↔交野市駅(往復)  700円(350円×2)

・カーシェア

 タイムズカープラス(ベーシック・3時間30分) 2,884円

・駐車場代

 ほしだ園地 400円(1時間200円×2時間)

②拝観料:500円

 磐船神社「岩窟めぐり」 500円

③合計4,484円(+食事代、お賽銭等)

※ほしだ園地は入園無料です。

---------------

*大阪府民の森公式ホームページ(ほしだ園地)

http://osaka-midori.jp/mori/index.html

*磐船神社公式ホームページ

http://www.osk.3web.ne.jp/~iw082125/index-j.html

---------------

*1:最寄駅から離れており、バスも本数が少ないため、私は交野駅前から車(カーシェア)に乗りました。

*2:時間も記入しました。一定時間経っても戻ってこなかった場合に確認をしに行くためだそうです。なお、受付の際に手荷物一式も預かってもらえます。

*3:休日は、他のグループと一緒であれば拝観できるようです。また、平日は事前に予約をしておけば神社の方が同行して拝観させてもらえるそうです。

*4:京阪交野線の君津駅から徒歩約15分のところにあります。

*5:京阪バスもありますが、1日2往復と本数が少ないので現実的な手段ではありません。

*6:上記と同様。