読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都】京都の紅葉を楽しむ2days(2015年)

 11月の連休は、昨年に続き京都の紅葉を見に来ました。

 例年、11月の連休に紅葉の見頃時期が重なるのは休みが少ない者としてはありがたいですが、その分人でも激増です。

 

【11月22日】

  まずは朝早くから京阪電車と叡電を乗り継いで八瀬比叡山口へ。

  目的は、毎年春と秋だけ公開される瑠璃光院です。

f:id:K-B:20170404222533j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404222513j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

  2階の黒い磨かれた床に映る紅葉を取るためには、人が一杯になる前の拝観直後に入る必要があるので、拝観開始時間の40分くらい前に現地に着くように行ったのですが、既に数十人が並んでいました。

 そして、時間になるとすぐに2階は良いアングルになる場所の争奪戦と次々と来る人で混雑状態。好みのアングルで撮る時間はほぼありませんでした…。

  朝早くから考えることはみんな同じですね。

 

  この後は、山を下ってきて修学院駅から一乗寺駅の沿線付近の紅葉の有名どころを順に回りました*1

 

 まず、開店時間の30分前くらいにラーメン激戦区一乗寺でも屈指の人気店「中華そば 高安」さんに着いて行列に並び、スジラーメン(唐揚げ定食)*2で満腹になった後で、

f:id:K-B:20170404223513j:plain

 

 

  詩仙堂

f:id:K-B:20170404222601j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404222617j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 圓光寺

f:id:K-B:20170404222647j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404222701j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404222837j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 曼殊院門跡

f:id:K-B:20170406032159j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

と王道コース。

 

 う~ん。

 どうも今年の紅葉はかなり色付きが悪いです。そして落葉が激しいです。

 近年でも1、2位の不作年だと思います。

 

 そして、夜は醍醐寺のライトアップへ。

 醍醐寺といえば桜が有名ですが、紅葉も綺麗です。15分早く入場できる特別事前予約拝観券をネットで購入していたので、ここでは一般の方が来るまでゆっくり落ち着いて鑑賞や撮影ができました。

 特に、弁天堂と池がとても綺麗でした(ここも、一般の方ですぐに混雑していました。)。

f:id:K-B:20170406031853j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

【11月23日】

 今日は、夜の嵯峨野トロッコ列車*3に乗車です。

f:id:K-B:20170404222921j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404222937j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 う~ん。

 やっぱり色付きが悪かったです。

 

 そして、帰りは宝厳院へ寄りました。

f:id:K-B:20170404223003j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170404223020j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 ここはまだ色付きがマシな方でした。

 

 今年の京都の紅葉は全体的にイマイチな感じでとても残念です。

 来年は綺麗に色付くといいなと思います。

 

 あと、人の少ない早朝から拝観したかったり、夜遅くまでライトアップを見たかったりという場合は、関西在住であっても京都市内でホテルを取ってしまうのも手かもしれません*4

 

---------------

《11月22日の旅の旅程*5

8:00 淀屋橋駅(京阪本線・特急)→ 8:56/9:07 出町柳駅(叡電叡山本線)→ 9:21 八瀬比叡山口駅(徒歩約5分)→ 瑠璃光院

・・・《瑠璃光院拝観》・・・

11:14 八瀬比叡山口駅(叡電・叡山本線)→11:21 一乗寺駅(徒歩約5分)→「中華そば 高安」

・・・《一乗寺周辺散策(詩仙堂・圓光寺・曼殊院門跡)》・・・

16:21 一乗寺駅(叡電叡山本線)→ 16:27/16:35 出町柳駅(京阪本線・準急)→16:39/16:51 三条駅/三条京阪駅(地下鉄東西線)→ 17:08 醍醐駅(徒歩約10分)→ 醍醐寺

・・・《醍醐寺拝観(17:45~事前入場)》・・・

19:55 醍醐駅(地下鉄東西線)→ 20:12/20:17 三条京阪駅/三条駅(京阪本線・特急)→ 21:18 淀屋橋駅

 

《11月23日の旅の旅程*6

17:30 大阪駅(JR京都線・新快速)→ 17:3059/17:08 京都駅(JR嵯峨野線・快速)→ 18:20/18:23 嵯峨嵐山駅(JR嵯峨野線・普通)→ 18:31 馬堀駅(徒歩約10分*7)→ トロッコ亀岡駅

・・・《嵯峨野トロッコ乗車(19:00 トロッコ亀岡駅 → 19:31 トロッコ嵯峨駅)》・・・

19:31 トロッコ嵯峨駅(徒歩約10分)→宝厳院*8

・・・《宝厳院拝観》・・・

21:29 嵐山駅(阪急)(阪急嵐山線)→ 21:37/21:42 桂駅(阪急京都本線・特急)→ 22:17 梅田駅(阪急)

--------------- 

《11月22日の費用》

①交通費:2,080円

・大原・八瀬1dayチケット*9 1,500円

・三条京阪↔醍醐(往復) 580円(290円×2)

②拝観料:4,900円

 瑠璃光院 2,000円

 詩仙堂 500円

 圓光寺 500円

 曼殊院門跡 600円

 醍醐寺(夜間・特別事前予約拝観券) 1,300円*10

③合計6,980円(+食事代、御朱印代、お賽銭等)

 

《11月23日の費用》

①交通費:2,160円

・嵯峨野トロッコ乗車券 620円

・大阪→馬堀 1,140円

・嵐山(阪急)→梅田(阪急)400円

②拝観料:600円

 宝厳院(夜間) 600円

③合計2,760円(+食事代、御朱印代、お賽銭等)

--------------- 

*瑠璃光院公式ホームページ

http://rurikoin.komyoji.com/

*詩仙堂公式ホームページ

http://www.kyoto-shisendo.com/

*圓光寺公式ホームページ

http://www.enkouji.jp/

*曼殊院門跡公式ホームページ

http://www.manshuinmonzeki.jp/

*醍醐寺公式ホームページ

https://www.daigoji.or.jp/

*宝厳院公式ホームページ

http://www.hogonin.jp/

*嵯峨野観光鉄道(嵯峨野トロッコ)公式ホームページ

https://www.sagano-kanko.co.jp/

--------------- 

*1:大原・八瀬1Dayチケットを購入したので叡電が乗り降り自由。

*2:結構なボリュームです(唐揚げが食べきれないときは包装して持ち帰りさせてくれます。)。店内はおしゃれなデザインで女性だけのグループもたくさんいましたが、みんなこれを食べていたのが驚きです。

*3:前売り券はみどりの窓口やJR西日本の電話予約サービスでも予約可能です。当日券は嵯峨野トロッコの各駅で販売されます。側板や床まで素通しで、よりトロッコ感を味わえる5号車(ザ・リッチ号)は、当日券でのみの販売になっています。

*4:1か月前などに予約をしようとすると殆ど空きがありませんが、キャンセル料が発生する頃になるとちらほら空きが出たりします。

*5:2015年11月時点での日祝ダイヤです。

*6:2015年11月時点での日祝ダイヤです。

*7:周りには何も無く、夜は結構道が暗いです。

*8:受付終了は20時です。そのため、臨時運行の最終の嵯峨野トロッコに乗車した場合、トロッコ嵯峨駅でゆっくりしていると間に合わない可能性があるので注意が必要です。

*9:京阪電車(全線(男山ケーブル、大津線を除く))、叡電(出町柳駅・八瀬比叡山口間)、バス(出町柳駅又は八瀬駅前・大原間)が乗り放題になります。

*10:一般の拝観料より300円高いので、15分先に入場したいかどうかで購入するか否かを決めることになります。