時代の流れ~近鉄が車両の分煙化促進

 近鉄が、吉野線の特急を全席禁煙化すると発表しました。

 

◆「大阪阿部野橋・吉野間を運行する特急の全席禁煙化について」

http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/minamitokukinnenn.pdf

 

 近鉄は、アーバンライナー等の一部特急車両は全席禁煙化(喫煙室設置)がなされていますが、それ以外の特急車両では、JRなど他の鉄道会社では見かけなくなった喫煙車両が残っています。

 

喫煙できる号車|近鉄電車 インターネット予約・発売サービス

 

 私は非喫煙者なので、禁煙車に乗ることになるのですが、この状態だとたまに困ったことになります。

 というのも、編成数が多い車両では何の問題も無く禁煙車に乗ればよいのですが、編成数が少ない車両では喫煙車しか席が空いていないということがたまに起こるからです。

 

 そして、この現象が顕著に起こるのが吉野線特急でした。

 さくらライナーは全席禁煙ですが、それ以外の特急は喫煙席が残っています。そして、吉野線の場合、特急が2両編成の時もあり、その場合は禁煙車と喫煙車が1:1という割合なのです。

 

 過去に仕方なく喫煙車に乗ったこともあるのですが、あえて喫煙車を選んで乗車される方はヘビースモーカーの方が多く、車両内はタバコの煙が蔓延していました。

 あれは非喫煙者にはキツいです。

 

 しかし、上記の発表によれば6月から吉野線特急も全席禁煙化されるとのこと。

 特に、吉野山の桜のシーズンなどには効果があるかもしれません。

 

 また、将来的には全線の特急列車において座席禁煙として、分煙の強化を図るとのことです。

 喫煙車の方には残念なニュースかもしれませんが、時代の流れですね。

 

f:id:K-B:20170406105008j:plain

(画像:「近畿日本鉄道|さくらライナー」より)