読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【岐阜】樹齢1500余年 孤高の淡墨桜(本巣市 根尾谷)

 今日は久しぶりに青春18きっぷを使用して遠出です。

 

 大阪駅から大垣駅まで在来線を乗継ぎ、ここから更に樽見鉄道に乗って終点・樽見駅を目指します。

 めちゃくちゃ本数の少ない超ローカル線ですが、この時期は「桜ダイヤ」という特別ダイヤが組まれていて、少しだけ本数が増えてます。

f:id:K-B:20170330000037j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

 

 大垣駅から約1時間10分で樽見駅到着。ここからは更に徒歩で目的地の「淡墨公園」を目指します。

f:id:K-B:20170330000159j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

 

 淡墨公園は小高い丘の上にありますが、道中の川沿いにも綺麗な桜が咲いていました。

 それでは、樹齢1500余年の一本桜、淡墨桜(うすずみざくら)*1とのご対面です。

 

f:id:K-B:20170330000350j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

f:id:K-B:20170330000844j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

f:id:K-B:20170330000805j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

 

 最初の感想は「とにかく大きい!!」でした*2

 まさに「孤高」の表現がしっくりする威厳もあります。

 

 数十分間、この1本の桜と向き合った後は、屋台*3で腹ごしらえして日没とライトアップを待ちます。

 

 辺りは徐々に暗くなっていき、山中の静寂に包まれていく中、私を含む見物客はそわそわ・・・

 

 そしてついにライトアップの時間*4

f:id:K-B:20170330001226j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

f:id:K-B:20170330001259j:plain

(Nikon D750 + SIGMA 35mm F1.4 DG HSM)

 

 更に孤高感が増したように思います。

 とくにかく圧巻です。

 

 撮影中に毎年撮りに来ているという方とお話しましたが、その方によれば今年はここ数年で一番花びらの開きや色付きが良かったとのこと。とてもラッキーでした。

 

 思ったよりも人が少なくて、ゆったり三脚を出して撮影ができました。

 でも、ただでさえ桜の花びらの色を綺麗に撮るのが難しいのに、それに加えてライトアップとなると、なかなか綺麗に写りませんね…。

 この辺りが所詮アマチュアです。

 

 私はライトアップを見るために大阪をお昼過ぎに出て、夕方に樽見駅に着くように行きましたが、この時間帯では行きも帰りも特に樽見鉄道は混んでいませんでした(ただ、帰りの大垣駅から米原駅に向かうJRが途中でどこかの宗教法人の会合終わりと重なったらしく大混雑でした。)。

 しかし、色々調べると日中は大混雑で、過去には人が乗り切らない(ローカル線で基本1両編成なので…)ということも起こったようですので、注意する必要がありそうです。

 また、車も日中は大渋滞するみたいですが、この時間は駐車場も空いていました。

 日曜日で次が平日ということもあったのでしょうかね。

 

---------------

《今回の旅の旅程*5

12:30 大阪駅(JR京都線・新快速)→ 13:53/14:03 米原駅(JR東海道本線・普通)→ 14:37/15:08 大垣駅(樽見鉄道)*6→ 16:18 樽見駅(徒歩約15分)→淡墨公園 

・・・《淡墨桜鑑賞(夕食)》・・・

19:51 樽見駅(樽見鉄道)→ 20:56/21:04 大垣駅(JR東海道本線・新快速)→21:38/21:40 米原駅(JR琵琶湖線・快速)→ 22:14/22:19 野洲駅(JR琵琶湖線・新快速)→ 23:17 大阪駅

--------------- 

《今回の費用》

交通費:4,210円(+食事代等)

・青春18きっぷ 2,370円(11,850円÷5)

・乗車券(大垣駅↔樽見駅) 1,840円(920円×2)*7

※淡墨公園は入園料等は徴収されません。

--------------- 

*樽見鉄道公式ホームページ

http://tarumi-railway.com/

*本巣市公式ホームページ(淡墨桜の所在地)

http://www.city.motosu.lg.jp/

--------------- 

*1:エドヒガンザクラです。継体天皇のお手植えという伝承があります。

*2:樹高16.3m、幹囲9.9mもあります。

*3:桜シーズンに合わせてうどん屋やその他軽食の出店がありました。ただ、私が到着して1時間もしないうちに(ライトアップ前に)閉店していましたので、営業時間には注意が必要です。

*4:今年は18時40分から21時までです。

*5:2016年4月時点での日祝ダイヤ+特別ダイヤ(桜ダイヤ)です。

*6:当然ですが、樽見鉄道にでは青春18きっぷは使えません。また、JRと樽見鉄道のホームは改札内で移動可能ですが、樽見鉄道の乗車券を買うためには一旦改札外に出る必要があるので、乗り換え時間には少し余裕を見ておいた方が良いです。

*7:大垣駅で往復の乗車券が買えます。