読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都】平安時代に思いを馳せて-葵祭(賀茂祭)

 大阪に移り住んでから、祇園祭には行ったことがあるのですが、京都三大祭りの残りの2つ(葵祭、時代祭)は行ったことがありませんでした。

 特に、葵祭(正式には「賀茂祭」)は5月15日と決まっていて、休みと重ならないと行くのが難しいんです。

 

 しかし、今年は5月15日が日曜日でした。これは行くしかない。

 

 しかし思い立った時期が遅かった。

 行こうと思ったときにはすでに有料観覧席*1は完売していました。

 

 ということで、自力で場所を確保する必要があります。

 

 で、どこへ見に行くか色々迷いましたが、私は下鴨神社*2の糺の森にしました。

 ここが、一番行列の装束と雰囲気が合うとの情報がありましたので。

 

 下鴨神社への行列到着予定時間は11時40分頃、しかし見やすい場所から見るには場所取りが必須。

 そのため、私は、9時半に現地に着きましたが*3、すでに見やすそうな場所はだいぶ埋まっていました*4

 ここからは、ひたすら行列の到着待ちです(遅くとも10時半くらいには、回りも人でいっぱいになりました。)。

 よって、最前列で写真撮影をしたいという人は9時半より前、ちらっと見るだけでいいよって人も、遅くとも10時半くらいまでには現地に着いた方がよいという感じです。

 

 そして、待ちに待った行列の登場。

f:id:K-B:20170326205810j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170326205921j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 糺の森の荘厳な雰囲気と相まって、王朝行列はたしかに綺麗で感動しました。

 

 でも、途中から 「あれ、なんか疲れてる??」と思ったりすることも。

 

 行列の人達が笑ったり私語をしたりしている、眠そうな顔をしたりあくびをしたりしているなど、ちょっと拍子抜けしてしまいました。

 でも、ボランティアとのことですし、すでに暑い晴天の中を京都御所から1時間くらい歩いてきた後なので仕方ないですね。

 

 

 そう思いながら行列をずっと眺めているうちに、ついに斎王代の列にきました。

 

f:id:K-B:20170326210055j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170326210133j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 斎王代は京都ゆかりの未婚の女性から選ばれるのですが、これがたいそうお金がかかるとのこと。

 支度に要する費用も全て自分で出すそうです(一説には数千万円という噂も。)。

 

 したがって、必然的に京都の由緒正しい家柄のご令嬢が選ばれるらしいです。

 現に、今年の斎王代は、京都の老舗漆器店の社長の長女さんで、そのお母様も伯母様も過去に斎王代を務めたという生粋の“斎王代一家”。

 

 やっぱり、京都は違いますねー。このような歴史と伝統が、他地域の人の反感を生んで「京都ぎらい」*5という言葉なんかができてしまうのですかね。

 

 行列は先頭から最後列まででだいたい1時間くらいでした。

f:id:K-B:20170326210215j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 この後は、更に上賀茂神社*6へ向かう行列を追っかける人もいるようですが、私は疲れていたので、「走馬の儀」を見た後にご本殿を参拝して帰りました。

f:id:K-B:20170326210258j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

f:id:K-B:20170326210320j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

f:id:K-B:20170326210351j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

 最後に、行列通行後の糺の森の表参道を1枚。新緑が良い感じです。

f:id:K-B:20170326210430j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

--------------------

*葵祭公式ホームページ

https://www.kyokanko.or.jp/aoi/index.html

*下鴨神社公式ホームページ

http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.html

--------------------

*1:毎年4月上旬からインターネット等で販売されています。場所は、京都御苑(建礼門前)か下鴨神社参道です。ただ、見やすい場所は招待席で押さえられている、席が決まっているため後方の席だった場合はむしろ見にくいことがある、などの話も聞きます。有料観覧席にするか否かは、メリット・デメリットを考慮して自分にはどちらがベターなのか判断する必要がありそうです。

*2:正式には「賀茂御祖神社」です。

*3:私は京阪電車で出町柳駅まで行き、駅から歩きました(徒歩約12分)。

*4:最後に載せた写真は糺の森の表参道を北向きに撮ったものです。ここを行列が通るのですが、右側は基本的に有料観覧席で、無料で見る場合は左側にある樹木と小川のさらに左側にある馬場からになります。したがって、行列まで結構離れますので、アップで撮影をしたい場合は望遠レンズが必須です。また、樹木の切れ間から見ることになるので、良い場所を確保したいのであれば事前に場所の目星を付けておいて早くから行ってそこを確保すべきです。

*5:井上章一著「京都ぎらい」(朝日新書)より。

*6:正式には「賀茂別雷神社」です。