カメラの雨対策(Nikonの純正レインカバーの改造)

 これからの梅雨、雨露滴る紫陽花の撮影に行ったりしたいと思うことがありますが、心配なのが雨によるカメラの故障。

 

 PENTAXやOLYMPUSのような一部メーカーのカメラのように、雨天での使用を前提とする防塵防滴性能を公式に謳っているならよいですが、そうでないカメラでは心配です。

 

 そこで、私はD750にはNikonの純正レインカバー「レインカバーハンディータイプⅡ」を使用しています。

f:id:K-B:20170324003012j:plain

(画像:「レインカバーハンディータイプII - 用品/小物/ポーチ類/ケース等 | NikonDirect - ニコンダイレクト」より)

 

 ただ、このレインカバーには欠点があります。

 透明な液晶窓を通してのファインダーは見にくく、またすぐに曇ってしまうんです。

 

 どうしたものか。

 色々悩んだ結果、とった方法がこれ。穴を開けちゃいました。

 

f:id:K-B:20170324003448j:plain

 

 

 そして、アイピースアダプター「NEPS1」*1とアイピース「DK-17」を用いたD750の丸窓化*2を応用して、開けた穴にファインダーを固定しました*3。なお、私は少し高くなりますが、くもり防止加工のされている「DK-17A」を使用しました。

 

f:id:K-B:20170324003515j:plain

f:id:K-B:20170324003550j:plain

 アイピースキャップ「DK-26」も付けてみました。

 

f:id:K-B:20170824103231j:plain

 カメラに装着するとこんな感じです。

 

 その後、何度か使ってみましたがかなり使い勝手が向上したように思います。

 良かったら試してみて下さい*4

 

※スポンサード リンク

*1:ニコンダイレクトのみでの販売で、Amazonや家電量販店等では売っていません。また、在庫切れとなっていることが結構あります。

*2:インターネット上にたくさん情報がありますので、詳しい方法を知りたい方は「D750 丸窓化」などのキーワードで検索してみて下さい。

*3:ニコンダイレクトやサービスセンターで販売している「レインカバー プロフェッショナル」シリーズも同じように透明な液晶窓にファインダーが付いていますが、これは高いので手が出せませんでした。

*4:穴を開けるのは一発勝負です。少し小さめの穴を開けてから調整するのがオススメですが、試される方は自己責任でお願いします。