☆祝 現存天守12城・全制覇!!

 わたくし、先日の松本城への登閣をもって、現存天守12城を全て制覇致しました。

 なお、現存天守は、①弘前城(青森)、②松本城(長野)、③犬山城(愛知)、④丸岡城(福井)、⑤彦根城(滋賀)、⑥姫路城(兵庫)、⑦〔備中〕松山城(岡山)、⑧松江城(島根)、⑨丸亀城(香川)、⑩〔伊予〕松山城(愛媛)、⑪宇和島城(愛媛)及び⑫高知城(高知)です。

 このうち、松本城、犬山城、彦根城、姫路城及び松江城が国宝5城(他の7城は重要文化財)で、姫路城は世界遺産です。

 

 振り返れば、初めて行った現存天守は2010年の松江城(島根)でした。

 その後、本格的に現存天守を制覇しようと思ったのは2015年。

 

 青春18きっぷを駆使したり、日帰りで青森まで飛んだり、実は実家の近くなのに行ったことがない城があったり、色々ありました。

 

 そして、やっと達成です!!

 そこで、12城を振り返ってみます。

 

・2010年8月10日 松江城(島根) 

 当時は国宝ではありませんでしたが、昨年めでたく国宝に指定されました。そのため現在は国宝5城になりました。

 この頃は、現存天守を制覇しようとは思っておらず、ただ「当時のままなのかー」と感嘆しながら見ていました。

 小船での堀川巡りもよかったです。

f:id:K-B:20170326215225j:plain

(Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)

 

・2014年11月16日 彦根城(滋賀)

 国宝5城(当時は4城)の1つです。ゆるキャラ人気の先駆けである、ひこにゃんの地元です。

 姫路城と共に、当時の遺構がよく遺っています。

 玄宮園の紅葉も綺麗でした。

f:id:K-B:20170326215818j:plain

(Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G)

 

・2015年3月8日 丸岡城(福井)

 青春18きっぷとバスで行きました。福井駅から最寄のバス停までのバスの乗車時間も結構長いです。

 最古の現存天守という説もあります。他の現存天守と異なり結構田舎にありますが、外国の方もいました。

 行きに食べたヨーロッパ軒のソースカツ丼(福井名物)や帰りに食べた越前そばも美味しかったです。

f:id:K-B:20170326220835j:plain

 

・2015年3月29日 丸岡城(香川)

 四国には現存天守が4つもありますが、その1つ目です。

 石垣の総高は約66メートルで日本一です。天守までたどり着くのが結構大変です。

 天守からは瀬戸内海が見渡せます。

 もちろん、讃岐うどんも美味しかったです。

f:id:K-B:20170326221418j:plain

(Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)

 

・2015年5月3日 〔備中〕松山城(香川)

 現存天守唯一の山城で、標高も一番高い所にあります。

 途中までは「こんな山の中に城なんてあるのか」という道を歩きますが、突然目の前に石垣群が出現します。

 竹田城址と並んで、雲海に浮かぶ風景でも有名な所です。

 私は、最寄駅(備中高梁駅)から乗合タクシー(要予約)を使っていきましたが、本数が少ないので注意が必要です。

f:id:K-B:20170326222148j:plain

(Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)

 

・2015年4月19日 弘前城(青森)

 日本最北端、最東端の現存天守です。お城のある弘前公園は桜の名所でもあります。開花時期がちょうどGW頃なので、休みに合わせて行きやすいですが、その分人の数もすごいようです(この時は桜の見頃の時期が少しずれていて例年より空いていました。)。

 石垣修理工事のため、今年中に天守を別に動かすとのことで、現在の天守の場所で桜と天守を一緒に見ることができる最後のチャンスだったので、慌てて飛行機の予約を取り、弾丸日帰りで行きました(この期を逃すと工事が完了して元の場所に天守が戻ってくるまで約10年以上待たなければなりません。)。

  この頃、カメラをフルサイズ機(D750)に買い換えました。城の中など暗所の撮影で能力差を痛感しました。

f:id:K-B:20170326225109j:plain

(Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)

 

(詳細はこちら)

 

 

・2015年5月3日 〔伊予〕松山城(愛媛)

 連立式天守でかなりの規模です。

 平山城なので、途中までロープウェイかリフトで登ります(もちろん徒歩でも登れます。)。

 ここから、2泊3日で四国西南部を周遊して現存天守を一気に3つ登閣しました。JR四国は特急にも乗ることができるかなりお得なフリーきっぷをたくさん発売しているので、これを活用しない手はありません。

 なお、愛媛県は、後述の宇和島城と合わせて、現存天守が2つある唯一の都道府県です*1

f:id:K-B:20170326222734j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR) 

 

(詳細はこちら)

 

・2015年5月4日 宇和島城(愛媛)

 少々山を登る必要があります。

 日本最南端、最西端の現存天守です。

 かなり小ぢんまりとした天守ですが、唯一、当時の障子建具も残っているお城です。

 天守から見える宇和海も綺麗でした。

 宇和島駅近くの「とみや」さんの鯛めし(宇和島名物)も美味しかったです。

f:id:K-B:20170326223528j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

(詳細はこちら)

 

 

・2015年5月5日 高知城(高知)

 天守の入口が本丸御殿にあります。本丸御殿も完全に残っている唯一のお城です。

 他に追手門なども当時のまま現存しています。

 高知には初めて行きましたが、飯も酒も旨くて良いとこでした。

f:id:K-B:20170326224150j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

(詳細はこちら)


・2015年6月28日 姫路城(兵庫)

 別名「白鷺城」と呼ばれる、現存天守の中でも一、二位を争う有名なお城です。

 国宝5城(当時は4城)の1つであり、しかも世界遺産です。国内最大の現存天守でスケールが桁違いです。

 2014年に平成の大修理がおわり、見違えるような白さになりました。

 混雑時には整理券が配布され、これがなければ登閣できたいので注意が必要です(整理券の配布がないときでも数時間待ちになることがあります。)。さすがは世界遺産、外国人もたくさんいました。

f:id:K-B:20170326225814j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

(詳細はこちら)


・2015年9月20日 犬山城(愛知)

 国宝5城の1つです。

 地元なのになぜか行ったことがありませんでしたので、帰省した際に行きました。

 名古屋に遊びに行くという知人がいるときには、「名古屋城より犬山城の方が断然良い」と勧めています。

 天守から見える木曽川の流れも綺麗でした。

f:id:K-B:20170326230136j:plain

(OLYMPUS PEN Lite E-PL6 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ)

 

(詳細はこちら)

 

・2016年7月19日 松本城(長野)

 国宝5城の1つです。

 現存天守で唯一の平城です。姫路城とは対照的*2な漆黒の外観で、「烏城」(からすじょう)*3とも呼ばれています。

 やっと行くことができました。こちらもかなりの数の外国人がいました。

f:id:K-B:20170326002221j:plain

(Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 

(詳細はこちら)

 

 それぞれ外観、内部に色々な特徴があり、生で見る価値は十分にあります!

*1:天守ではありませんが、愛媛県には他に台所櫓・高欄櫓が現存している大洲城(天守は木造でできる限り忠実に復元)もあります

*2:1600年の関ヶ原の戦い前後で白の色が黒から白に変わっていったとされています。その理由としては、①黒は秀吉の息がかかった城が多く秀吉の嗜好で黒色に、白は家康の息がかかった城が多く家康の嗜好で白色になったという説、②黒は戦国の時代に黒漆による防腐効果、敵から見えにくくする(隠す)効果があり、白は漆喰(石灰)による防火効果、泰平の時代に優雅で威厳を見せる効果(黒は収縮色、白は膨張色です。)があったからという説などがあります。

*3:岡山城も別名「烏城」ですが、こちらは「うじょう」と読むそうです。