【奈良】黄金に輝く曽爾高原~「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし」(from「風の谷のナウシカ」)

 今日は、クラブツーリズムさんのバスツアーに参加して、赤目四十八滝と曽爾高原(そにこうげん)に行ってきました。

f:id:K-B:20170325023608j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)

 

 赤目四十八滝は苔の緑や滝の音でかなり癒やされましたが、残念ながら紅葉の旬はまだまだ先の様子でした。

 

 

 他方で、曽爾高原は、一面のすすきが程よく色付いていました。

 

 夕日を反射して一面黄金に輝くすすきは、とても幻想的でした。

 

 まさに、映画「風の谷のナウシカ」の最後の場面で大婆様が言った「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし・・・」のような風景でした。

 

f:id:K-B:20170325023655j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)

f:id:K-B:20170325023715j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)

 

 曽爾高原への行き方は、①車か②近鉄大阪線(名張駅または榛原駅まで)+バスという方法があります。

 しかし、②の手段はバスの本数が少なく、また、帰りの最終のバスが夕暮れ時より前なので、夕日を反射して輝く様子は残念ながら見ることができません。また、①の手段もハイシーズンは駐車場が混んでいて、車だとなかなか駐車できないということもあるようです。

 

 その点、クラブツーリズムのバスツアーは行き帰りともに楽ですし、とてもオススメです。

f:id:K-B:20170325023740j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR)

---------------

《曽爾高原への公共交通機関でのアクセス》

・近鉄難波駅から

 近鉄大阪線(特急)に乗車(約60分)、「名張」駅下車、曽爾高原行きのバス(三重交通)に乗車(約45分)

 または

 近鉄大阪線(特急)に乗車(約45分)、「榛原」駅下車、曽爾高原行きのバス(奈良交通)に乗車(約45分)

---------------

《今回の費用》

クラブツーリズム(「秋色の絶景へ!秋色の曽爾(そに)高原と赤目四十八滝」(難波OCAT・天王寺出発)・軽食付) 7,490円

---------------

*曽爾村へのアクセス(曽爾村ホームページ)

https://www.vill.soni.nara.jp/forms/info/info.aspx?info_id=15835

---------------