読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikonの新製品・D7500の発表

 噂されていたD7200の後継機として「D7500」が発表されました。

Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売

 

f:id:K-B:20170412202058j:plain

(画像:「D7500 - 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング」より)

 

 D500と同一の画像処理エンジン「EXPEED5」及びローパスフィルターレスの2088万画素DXフォーマットCMOSセンサー採用、最高約8コマ/秒の連写性能、 4K動画、モノコック構造、タッチパネル及びチルト機構液晶、SnapBridge対応という点で、D7200からのかなりの発展が見られる一方、三角環ではないストラップ金具、シングルカードスロット、対応バッテリーグリップなし、AI連動レバーの廃止といった点でかなりバッサリ機能を選別してきた感じです。

 

 この辺りは、DX機のフラッグシップとして昨年発売されたD500との住み分けを明確化する意図があるというところでしょうが、 カードスロットはダブルであって欲しかったところです。

 他のバッテリーグリップやAI連動レバーの点は、これらを欲する人はD500やFX機に手を出す層のような気もします。

 

 現時点での情報に基づく感想はこんな感じですが、個人的には、ボディ単体の新品の店頭予想価格が税込約16万円前後となると、中古のD750やD500の方が検討対象に上がってしまう気がします。

 

 今後のDX機の住み分けは、上から順に

 

D500(上級者・フラッグシップ)

旧D7×××系(中・上級者)

D7500(中級者)

D5×××系(入門・中級者)

D3×××系(入門)

 

という感じですかね?

 

 最後に、D750ユーザーとしては、これから「D750」で検索をした時に「D7500」に関する情報もヒットするようになってしまうのが細かいですが気になるところです。それと、D7×××シリーズでもシャッター速度1/8000秒が実現しているのに、なぜ1/4000秒なのかというところが今でも納得できません。