【鹿児島・熊本】大阪から1泊2日の弾丸日程で行く九州縦断鉄道旅(2日目-おれんじ鉄道・三角線等)

 本日は出水駅のおれんじ食堂からスタートです。

 私が乗車したのが出水駅→新八代駅のブレックファストコース。

 

 おれんじ食堂は2両編成で、1号車がダイニング・カー、2号車がリビング・カーになっています。

 そして、1号車は飲食付きパッケージプラン、乗車のみプランの双方、2号車は飲食付きパッケージプランのみ乗車することができます。

f:id:K-B:20170502001847j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

f:id:K-B:20170502001903j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

1号車(ダイニング・カー)車内。

f:id:K-B:20170502001937j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002016j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

2号車(リビング・カー)車内。

f:id:K-B:20170502002052j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 基本的にどの座席からも海側の景色が見やすいように設計がされています。

 

 私は、飲食付きパッケージプランで乗車しましたが、相席になるのは嫌だったので、カウンター席のある1号車を予約していました*1

 

 そうしたら、思いのほか空いていて、1号車は私1人の貸し切り状態!!(他の数組は皆さん2号車でした。)

 

 乗務員さんには、「平日は貸切(チャーター便)で運行しているのですが、貸切は18万円かかるので、とてもラッキーですよ。」と言われました。どうやら、ブレックファストコースは朝早いので比較的空いていることが多いとのことです。

 

 そのため、乗務員さんと色々とお話もできました。私と同じように肥薩線を観光列車で縦断して翌日におれんじ食堂に乗るというコースの方も結構いらっしゃるとのこと。

 

 ブレックファストコースの食事は湯の児温泉の「海と夕やけ」さんの総料理長が担当していて、①水俣産かぼちゃのクリームスープ、②スクランブルエッグ、③水俣産野菜のサラダ、④鶏とソーセージ、色々な野菜のスパイシー焼き、⑤ブロマンジェ、⑥オリーブパンとクロワッサン、⑦珈琲・紅茶でした。

 

f:id:K-B:20170502002247j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502020711j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002351j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002417j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002402j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002433j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 素晴らしいクオリティです。さすがはレストラン列車の先駆けです。

 紅茶の茶葉も地元のものとのことでした。

 

 途中、薩摩(鹿児島)と肥後(熊本)の境に架かる境橋や奇岩百選の重盤岩の前、不知火海沿いでは停止、徐行します。

f:id:K-B:20170502002450j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002504j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002519j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 境橋に一時停車した時、乗務員さんが「おれ食」の停止位置の看板はここだけですよと言っていました(笑)

f:id:K-B:20170502002546j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 不知火海は、晴れていたのに霞がかかっていて、天草諸島ははっきり見えませんでした。乗務員さん曰く、「最近はPM2.5の影響で見えない日が増えてきました…」とのことです。

 ここは夕日が特に綺麗とのことなので、今度は夕方のコースで乗車をしてみたいと思います。

f:id:K-B:20170502002618j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 八代駅からは、3月に新たに運行を開始した「特急かわせみ やませみ」に乗車です。

 本来は肥薩線の球磨川沿いを楽しむための列車ですが、旅程の関係で仕方なく八代駅・熊本駅間の乗車になりました。

f:id:K-B:20170502002645j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 肥薩線経由で熊本駅→鹿児島中央駅を移動したい場合、区間全部をSL人吉か特急かわせみ やませみに乗る場合は一方のみの選択を迫られるのが悩ましいところです*2

 

 ちなみに、1号車がやませみ車両、2号車がかわせみ車両になっています。

f:id:K-B:20170502002758j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002731j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002718j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 なお、カウンター席やベンチシートもありますが、これら席はネットでの予約は無く、みどりの窓口でなければ購入できません。

 

  この後は、今回の旅の最後の観光列車、三角線の「特急A列車で行こう」に乗ります。

f:id:K-B:20170502002817j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002843j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 列車名のとおり、入線時や車内では“A列車で行こう”などのジャズの曲が流れており、車内の装飾もステンドグラスなど大人の雰囲気です。

f:id:K-B:20170502002906j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

f:id:K-B:20170502002918j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 なお、2号車には3名以上で購入できる4人用のボックスシートが4つありますが、この席はネットでの予約は無く、みどりの窓口でなければ購入できません。

 

 乗ったら早速バーカウンターでAハイボール(600円)を注文しました。デコポンの爽やかなハイボールです。

f:id:K-B:20170502002943j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 路線は途中で有明海沿岸走行し、御輿来海岸の前などを通ります。

 残念ながら潮が満ちていましたが、干潮時にはこの海岸に綺麗な砂紋が現れるそうです。

 ちなみに、有明海側の席は各番号のC・D、特に窓際の席はDです。

f:id:K-B:20170502002957j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

  

 乗車時間は約40分と短く、あっという間に三角駅に到着します。駅舎は最近になって南蛮風に改築されたもので、港町という雰囲気を存分に出しています。

f:id:K-B:20170502003040j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 駅前の港は東港で、ここからは天草諸島の本渡港へ向かう天草宝島ラインに接続するダイヤが組まれています。

f:id:K-B:20170502003059j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 また、徒歩20分程度のところには、世界遺産の西港があります。

 

 しかし、今回は旅程の関係上、いずれにも行くことはできず、折り返しの特急A列車で行こうで帰りました。

 

 ただ、中途半端に約50分という時間があったので、何をして時間を潰そうかと思っていたところ、近くに美味しいラーメン屋があるという情報を入手したので、向かうことに。

 

 それが「古亭ラーメン」さん。

f:id:K-B:20170502020749j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 座席はカウンター6人のみの小さなお店で、和やかな女将さん(おばあちゃん)が1人でゆったりと切り盛りされていました。

 営業時間は11時から14時までのたった3時間ですが、麺が無くなり次第営業終了とのこと。

 メニューも超シンプルです。というかめっちゃ安いです。

f:id:K-B:20170502020918j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 私が行ったときは満席で、列車の発射時間まで結構ギリギリになり焦りましたが、とても美味しいラーメンでした。

 ボリュームあるこの焼豚ラーメンがたった600円です!!!

f:id:K-B:20170502020817j:plain

(Nikon D750+Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR)

 

 都市部なら1000円取られてもおかしくないクオリティでした。

 こんなところで素晴らしいラーメンやを見つけることができるとは。

 

 ラーメンでお腹も満たされたので、帰りの特急A列車で行こうでもハイボール(期間限定の甘みかん)を飲みながら帰りました。

 

 が、行きと違って帰りはツアー客が乗っていて、満席に近い状況でした。

 そして、このA列車で行こうは、2人の乗務員さんがバーカウンターでの飲食、お土産の販売から車内アナウンスまでを担っています。また、ハイボール等の飲料は作りおきではなくその都度作っています。

 そのため、ハイボールやお土産を買いたい人で行列ができていました。

 三角線は短い路線で、特急A列車で行こうの乗車時間は約40分程度なので、並んでいたら海沿いの景色を楽しんだり座席でゆっくりしたりすることなく終点に着いてしまったってことにもなりかねません。

 この状況は、JR九州さんの改善項目ではないでしょうか(乗務員さんは一生懸命やっておられましたが、絶対的なキャパが足りてませんでした。)。

 

 今後乗車される方は、その時の乗客の数にもよりますが、入線直後、バーカウンターに行列ができる前に列車に乗って欲しいものを購入してしまうのがお勧めです。

 

 熊本駅からは帰りはみずほに乗ってひたすら爆睡して帰りました。

 JR西日本・九州の直通車両の指定席は、普通車でも2+2シートなのでとても快適です*3

 

 本当は、くま川鉄道の「田園シンフォニー」や指宿枕崎線の「特急 指宿のたまて箱」にも乗車したかったのですが、スケジュールの関係でプランに組み込めず乗れなかったのが残念です。

 特に、田園シンフォニーは11時01分人吉温泉駅発の1日1便(片道)のみで、もっとも近い時間に人吉駅に到着する肥薩線の列車は、約1時間前(10時8分)着の特急いさぶろう(8時31分熊本駅発)なので、熊本市、八代市、人吉市など近隣で前泊しないと実質乗車困難と言うダイヤです。今後もなかなか乗車機会は来なさそうです・・・。

 

 それと、帰りに熊本駅で駅弁「鮎屋三代」を買って食べるか悩みましたが、さすがにお腹がパンパンでやめました。 

 

 それにしても、観光列車は車体が光沢のある塗装であることが多く、かなり映り込みします。PLフィルターを持って行くべきでした。

 

 

--------------- 

《今回の旅の旅程*4

【1日目】

6:00 新大阪駅(新幹線みずほ601号)→ 9:02/9:45 熊本駅(SL人吉)→ 12:09 人吉駅

・・・《人吉市街散策》・・・

13:22 人吉駅(いさぶろう3号)→ 14:48/15:01 吉松駅(特急はやとの風3号)→ 16:44/17:33 鹿児島中央駅(新幹線つばめ340号)→ 17:57 出水駅

・・・《「ホテルウィングインターナショナル出水」*5泊》・・・

【2日目】

7:52 出水駅(おれんじ食堂 ブレックファスト)→ 9:34/10:29 八代駅(特急かわせみ やませみ2号)→ 10:59/12:21 熊本駅(特急A列車で行こう3号)→ 13:03 三角駅

・・・《三角港散策》・・・

13:50 三角駅(特急A列車で行こう4号)→ 14:30/15:21 熊本駅(新幹線みずほ616号)→ 18:24 新大阪駅

---------------

《今回の費用》

①交通費:49,250円

・乗車券

 熊本駅→鹿児島中央駅(肥薩線経由) 3,990円

 鹿児島中央駅→出水駅 1,470円

 八代駅→熊本駅 740円

 熊本駅↔三角駅(往復) 1,480円(740円×2)

・特急券等

 みずほ(普通車指定席(スーパー早得きっぷ*6):新大阪駅→熊本駅 12,860円(特急券5,400円、乗車券7,460円)

 SL人吉(座席指定券):熊本駅→人吉駅 820円

 いさぶろう(座席指定券:人吉駅→吉松駅) 520円

 はやとの風(普通車指定席(eきっぷ):吉松駅→鹿児島中央駅) 820円

 つばめ(普通車指定席(eきっぷ):鹿児島中央駅→出水駅) 1,730円

 かわせみ やませみ(普通車指定席(eきっぷ):八代駅→熊本駅) 820円

 A列車で行こう(普通車指定席(eきっぷ):熊本駅→三角駅) 820円

 A列車で行こう(普通車指定席(eきっぷ):三角駅→熊本駅) 820円

 みずほ(普通車指定席(スーパー早得きっぷ:熊本駅→新大阪駅 12,860円)(特急券5,400円、乗車券7,460円)

・おれんじ食堂

 飲食付パッケージ(ブレックファスト:出水駅→八代駅) 9,500円

 

②宿泊費:4,500円

 ホテルウィングインターナショナル出水(部屋数限定★早割30プラン〔シングル禁煙・食事無し〕) 4,500円/1人

③合計53,750円(+食事代、お土産代等)

--------------- 

*JR九州列車紹介ページ

http://www.jrkyushu.co.jp/trains/

*おれんじ食堂公式ホームページ

http://www.hs-orange.com/kankou/

--------------- 

(1日目はこちら)

 --------------- 

*1:飲食付きパッケージプラン、乗車のみプランのいずれも予約は2か月前の午前9時30分から予約センター(電話)からです(飲食付きプランは乗車日4日前まで受付)。また、JTBの「現地観光プラン」で検索すれば、飲食付パッケージプランはJTBの旅行プランとしてネット予約することもできます。なお、JTBでの予約は2か月より更に前から申込受付が始まっていますが、車両は2号車のみで座席指定もできません。

*2:現状のダイヤでは、一度どちらかの列車で人吉まで行き、一旦熊本や八代まで戻ってきて、またもう一方の列車に乗るというのは厳しいです。

*3:のぞみ等の普通車指定席は2+3です。

*4:2017年4月末時点の日祝ダイヤです。

*5:安くて最低限の設備は整ったビジネスホテルでしたが、廊下への出入り等の音がかなり響きました。他に天然温泉のある宿なども駅周辺にあるので、出水に宿泊される場合は料金等を総合考慮してお考えになるのが良いと思います。

*6:インターネット予約のみ、14日前までの予約、席数限定、予約変更不可、専用乗車券セットのきっぷです。