【京都】京都の夏・祇園祭(宵山)と法金剛院の蓮

 今年は、祇園祭(前祭)の宵山が連休に重なったので、数年ぶりに見に行くことができました。

 

f:id:K-B:20170720130056j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G) 

 午後6時頃に河原町駅について、まずは木屋町で腹ごしらえ。「肉なべ 千葉」さんです。

f:id:K-B:20170720130236j:plain

 一般的な鍋とは野菜と肉の比率が逆になって肉好きにはたまりません。かなりジャンキーですが、絶妙な味付けで、この比率でもバクバク食べることができます。ただ、好き嫌いは分かれるかもしれません。

 ここは、数年前に同じく宵山で京都に行ったとき、たまたまオープン直後なのを見つけて入って美味しいと思ったのですが、その後「接客がね・・・」みたいな噂を耳にして足が遠のいていました。しかし、久しぶりに行ってみると、接客に問題があるという感じは全くしませんでした。

 

 満腹になったところで、四条通りに出ます。

 さすがは三連休、河原町駅から始まる歩行者天国エリアは凄い人でした。

f:id:K-B:20170720124750j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 メインストリートの四条通は東行きと西行きで歩行帯が完全に分離されていますが、山鉾の周辺は特に人、人、人。

 さらに、細い道を入ったところにある山鉾の周辺は、露店もあって大混雑でした。

 

 おそらく一番有名であろう長刀鉾。

 山鉾巡行では唯一稚児が乗り、先頭を行く鉾です(「くじ取らず」の鉾)。

f:id:K-B:20170720124841j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G) 

 

 ちなみに、稚児は、数千万円という諸費用が全て自己負担なので、葵祭の斎王代と同様に京都の名家、資産家の家庭から選ばれるそうです。

 

 これまた「くじ取らず」の函谷鉾。

f:id:K-B:20170720124934j:plain

 (Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

  長寿延命の御利益があると言われる菊水鉾。

f:id:K-B:20170720125012j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 子供たちは山鉾より露天に夢中です(笑)

f:id:K-B:20170720125048j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 こちらは四条傘鉾。古い鉾の形態を現代に伝えるものです。

f:id:K-B:20170720125148j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 ちなみに、巡行にでる山鉾は前祭では全部で23基ですが、人が多すぎて疲れたので、全部見るのは諦めました。

 

 で、本来は、これまた大混雑の阪急で帰るつもりだったのですが、調べてみると手頃な価格の東横インに空室が出ている・・・ということで、少し贅沢をして宿泊してしましました。

 そして、せっかく京都に泊まるので朝からどこかに出かけようと思い、翌日向かったのが花園の法金剛院。「関西花の寺二十五ヵ所」の1つで、蓮が有名なお寺です。

f:id:K-B:20170720125256j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

f:id:K-B:20170720125300j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 蓮の花は、早朝に咲いて昼には閉じてしまうため、この時期は朝7時から開門しています(私は寝坊して予定より遅く着いたので、既に閉じてしまっている花もありました・・・)。

f:id:K-B:20170720125357j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

f:id:K-B:20170720125403j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 それにしてもこのフォルム、何とも言えない美しさです。

f:id:K-B:20170720125432j:plain

(Nikon D750+SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)・PRO1D プロソフトン [A] (W))

f:id:K-B:20170720125436j:plain

(Nikon D750+SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)・PRO1D プロソフトン [A] (W))

f:id:K-B:20170720125439j:plain

(Nikon D750+SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004)・PRO1D プロソフトン [A] (W))

 

 泥水の中から生じ、清浄な美しい花を咲かせる姿が、仏の智慧や慈悲の象徴であるとして、特に仏教において重宝されてきたのも納得できます。

f:id:K-B:20170720125534j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G)

 

 この後は、嵐山を経由して帰ったのですが、この時期の京都はとにかく暑い。そして、嵐山の外国人観光客の数は尋常じゃない。

 人力車の俥夫の方がお客さんに「今日は感覚として日本人と外国人が半々くらい。平日は外国人の方が多いです。」と言っているのが聞こえてきてビックリしました。ここ数年でのインバウンドの勢いはすごいですね。

 あと、竹林の小径に人力車専用道ができていたのも驚きました。

 

 ちなみに、昼食は鯛茶漬けで有名な「鯛匠 Hanana」さんへ行ってみました。予約していなかったので並びましたが、11時半くらいに店に着いて、40分程度で席に案内されました。

 鯛茶漬けで勝負するだけあって、味は抜群でした。店内の雰囲気もすごくオシャレです。

f:id:K-B:20170720130617j:plain

 ただ、写真の鯛茶漬け御前で2060円なのでコスパがちょっと・・・というところです。嵐山の中心地という立地でクオリティの高い美味しいものに食べさせていただいておいて、値段に言及するのは失礼ですけども。

 

---------------

《公共交通機関でのアクセス》

・祇園祭・宵山

 阪急京都本線 烏丸駅 または

 京都市地下鉄 四条駅下車 徒歩すぐ(四条通り及びその周辺)*1

・法金剛院

 JR嵯峨野線 花園駅下車 徒歩約3分

---------------

《拝観料》

・法金剛院

 500円(御朱印は別途300円)

---------------

*「肉なべ 千葉」公式ウェブサイト

http://www.chiba-group.jp/nikunabe/

*「鯛匠 Hanana」公式ウェブサイト

http://hanana-kyoto.com/top.html

---------------

 

*1:下車してすぐ混雑するのを避けたい場合は、少し離れた河原町駅や大宮駅から歩くのも手です。