【静岡】2017・富士総合火力演習(そうかえん)を初観覧!

 今年の6月、たまたま富士総合火力演習の観覧希望の応募をしているのを見て、申し込んだら、なんと当たりました!!

 ということで、東富士演習場でいわゆる「総火演(そうかえん)」を初観覧してきました。

f:id:K-B:20170828160651j:plain

 

 年々観覧券の当選倍率が上がっており、今年は平均約29倍だったそうです。

 観覧券の種類は、一般券(駐車場券付き/駐車場券無し)と29歳以下が対象の青少年券(駐車場券付き/駐車場券無し)があり、青少年券よりも一般券、駐車場券無しよりも駐車条件付きの方が倍率が高いそうです。

 なお、観覧券1枚で4人まで入場でき、青少年券は1人でも29歳以下の人がいれば他の人は年齢が超えていても入場できます。

 私は、青少年券(駐車場券無し)でした。

 

 全く無知のまま、(どうせ当たらないだろうくらいの気持ちで)応募したので、当選してからは必死で色々と調べて準備をしました。

 とりあえず、会場までの臨時シャトルバスは早朝から並ぶということで、シャトルバスが発車する御殿場駅周辺か沼津駅周辺*1で前泊する人が多いようです。

 特に、御殿場駅周辺のホテルの予約は、観覧券の応募開始時期の時点では既に満室となっていることが多いようです。

 

 で、大阪からの参加である私が採った方法はというと・・・

f:id:K-B:20170828165533j:plain(SONY RX100M3)

f:id:K-B:20170828165557j:plain(SONY RX100M3)

 定期運行されている最後の寝台特急列車のサンライズ瀬戸・出雲に乗りました。

 乗ったのはシングルです。残念ながら喫煙車両*2しか取れず、臭いを心配しましたが、幸いなことに私の乗った部屋は非喫煙者の私でも全く気になりませんでした。

f:id:K-B:20170828165640j:plain(SONY RX100M3)

 これに乗れば、大阪駅0時34分発、沼津駅5時26分着で、沼津駅6時00分発の御殿場線の始発に乗ることができます。

 検札に来た車掌さんが、御殿場行きの乗車券を見て、「自衛隊ですか。頑張って見てきてください。」と述べられたので、少し話をしたところ、同様に沼津駅でサンライズを下車する御殿場行きの乗車券を持っている人が多数いるとのことでした。

 

 早朝5時26分にダイヤ通り沼津駅到着。御殿場線のホームは始発30分前なのに既に同じく富士総合火力演習へ向かう人で混雑しており、ラッシュ時と同様とまではいきませんが、発車時には車内は相当の混雑になりました。

 

 そして、6時34分に御殿場駅到着。既にシャトルバス乗り場には行列ができ始めていましたが、運よく20分くらいで乗車できました*3。なお、バスはびっくりするぐらいたくさん用意されていて、次々に乗り場に到着しました。

 

 7時30分頃に会場到着。シャトルバスの乗降場は、会場から徒歩10分くらい小道を歩いて行ったところです。これは、後で述べる帰宅時のシャトルバスの行列をうまく捌くために長い距離をとっているようです。自衛隊の案内係の人が、「帰りはディズニーランドより混みま~す。笑っている方がいますが冗談じゃないですよ~。」と言っていました。

f:id:K-B:20170828165731j:plain

 

 御殿場線の始発で向かいましたが、会場に着いた時点で既にEスタンドは満席になっていました。また、各シート席の一番前の列も埋まっており私は前から10列目くらいでした。

 ビニールシートと携帯クッション*4を敷いて場所を確保した後は、トイレに行ったり、お土産を見たり、飲食したりして時間を潰しました。*5

f:id:K-B:20170828164728j:plain

 

 ちなみに、私が購入して持参したクッションはこれ。

 安いのになかなかの品質です。周りを見たら同じクッションの人も結構いました。

 

 開始時間までの間は、本番前の練習等も行われていました。この時間であれば、立ってゆっくり撮影することもできます。

 ちなみに、会場の電波状況はよくありません(電波は入りますが、多数の人が同じエリアで同時に使用しているためか、通信速度が著しく遅いです。)。

 富士山の麓なので、晴れれば富士山も一望できます。この日は、雲の影響で山頂部分は時間の経過と共に見えたり隠れたりでした。

f:id:K-B:20170828170254j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

 

 遠くに見えるのが着弾点です。遠いところでは約3km先の標的もありました。

 

 そして午前10時、いよいろ本番開始です。

 広い会場が人で埋め尽くされています。

f:id:K-B:20170828164801j:plain

 

 演習は2部構成で、前半が陸上自衛隊の主要装備の紹介、後半が島嶼部への攻撃に対する対応を想定した演習になっています。

 シート席だと全体はなかなかうまく見えません。写真にはどうしても前の人が映り込みます。これが嫌なら、徹夜などでスタンド席(この場合は500mm~600mmくらいの望遠レンズが必要だと思います。)や最前列を確保するしかありません。

 

 レンズはTamtonの70-300mm望遠ズームを新調して臨みました。

  新品でこの価格はすごいです(今年新型が発売された純正レンズの半額以下です。)。AFも手ぶれ補正も画質もこの価格であれば十分すぎるくらいの質です。

 

f:id:K-B:20170828182218j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828182210j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170224j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170249j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170154j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170240j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170309j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170245j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170306j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828182304j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170314j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170300j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

f:id:K-B:20170828170318j:plain(Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A030)) 

 

 最初は頑張って写真撮影をしていたのですが、シート席だと前の人と重なってなかなか良いアングルで撮影できない上*6、砲撃はタイミングよく撮影するのが難しく、相当の連射スピードも要求されるので、途中からは動画撮影の方が記録に残す形としては良いように思って動画をメインにしました*7

 砲撃の音の迫力もすごいので、音声を残した方が迫力も伝わります。

 最後のフレアも圧巻でした。

 心残りは、後半で会場を横切っていった航空自衛隊のF-2戦闘機が、あまりに一瞬だったため、撮影に失敗してしまったことです。

 

 演習自体は、12時過ぎくらいに終わり、各種準備がなされたあと、13時過ぎからは会場前方で装備品の展示がなされます。

f:id:K-B:20170828170346j:plain

(SONY RX100M3)

 

 特に、今年の目玉は、16式機動戦闘車と水陸両用車(AVV)でした。

f:id:K-B:20170828170333j:plain(SONY RX100M3)

f:id:K-B:20170828170328j:plain(SONY RX100M3)

 

 ヘリなどを除いて、近づいて触ったりもできます。

f:id:K-B:20170828170324j:plain(SONY RX100M3)

f:id:K-B:20170828170336j:plain(SONY RX100M3)

f:id:K-B:20170828170339j:plain(SONY RX100M3)

f:id:K-B:20170828170343j:plain(SONY RX100M3)

 

 近くで見るとこれまた迫力がすごかったです。

 

 自衛官に質問をしている人もいましたが、私は全然知識がないので、一通りサクッと装備品の展示を見て、御殿場駅行きのシャトルバスの大行列に並びました。

 13時30分の時点で乗り場→Aスタンド前→Eスタンド前までの大行列になっていました。

 ただ、相当の数のバスが使用されており、思ったより行列の動きは早く、1時間程度でバスに乗ることができ、15時07分御殿場駅発、沼津駅行きの普通電車に乗り継ぐことができました。

 

 その後、16時9分発の熱海駅行きの東海道本線に乗り換えて三島駅に移動し、軽く食事をして時間を潰した上で、17時48分発のひかりに乗って大阪に戻りました。

 なお、三島駅では、同じく富士総合火力演習からの帰路の人できっぷ売り場は行列、東海道本線からの乗り換え後すぐに三島駅に停車するこだまやひかりの指定席は満席、自由席も混雑という事態になっていました。

 帰りのシャトルバスの行列の関係で、なかなか時間が読めないですが、大阪方面に新幹線でゆっくり安心して帰りたい場合は、あらかじめ帰りの席も予約しておくのが無難そうです*8。 

 

 とにかく、すごい迫力で、とても良い経験でした。私は、自衛隊の装備等には全く詳しくありませんでしたが、各装備や行動ごとに詳細な解説のアナウンスもあり、いろいろと勉強にもなりました。

 使用した弾薬や約36トン(約2億9000万円分)にものぼるそうです。

 

 早起き、長い待ち時間、狭いスペースへの長時間の着席、炎天下等々*9、試練もたくさんありますが、それでも観覧して損はないイベントでした!

 

 最後に、参考までに私の持ち物をご紹介します。

 なお、荷物が大きすぎると、シート席に座った時に狭くなり、周りからも厳しい視線が注がれることになると思うので注意が必要です。

・観覧券(当たり前ですね。)

・カメラ(シート席からある程度の大きさで撮影するのであれば、フルサイズ換算で300mm程度は必要です。)

・レジャーシート(場所の確保のために必要です。)

・クッション(これが無いとお尻が痛くなります。)

・飲料(500ml×2を持っていきましたが、会場の売店でも500mlのペットボトル飲料が150円で買えます。)

・お菓子

・耳栓(結局使用しませんでしたが、爆音なので耳が弱い人はあった方がよいと思います。)

・帽子

・タオル(雨が降った時はもちろん、晴れの時も熱射病予防等に使用できます。)

・レインコート(今回は雨が降りませんでしたが、雨天でも傘はさせません。)

・モバイルバッテリー

 

 ちなみに、私は禁止されていると思っていたので持参していませんでしたが、シート席でも目線の高さより低い位置、かつ、コンパクトで周りの人の邪魔にならない程度の大きさのものであれば、三脚の使用が許されていました。

---------------

《今回の旅の旅程*10

0:34 大阪駅(寝台特急 サンライズ瀬戸・出雲/シングル)→ 04:26/6:00 沼津駅(御殿場線)→ 6:34/7:00頃 御殿場駅(シャトルバス)→ 7:30頃 東富士演習場・畑岡地区

・・・《富士総合火力演習》・・・

14:40頃 東富士演習場・畑岡地区(シャトルバス)→ 15:00頃/15:07 御殿場駅(御殿場線)→ 15:48/16:09 沼津駅(東海道本線)→ 16:14/17:48 三島駅(東海道新幹線・ひかり)→ 20:00 新大阪駅

---------------

《今回の費用》

交通費:30,980円

・乗車券等

 大阪市内→(沼津駅経由)→御殿場駅 7,360円

 御殿場駅→(沼津駅・三島駅経由)→大阪市内 7,560円

・特急券等

 サンライズ瀬戸・出雲(寝台券(シングル(B寝台)):7,560円+特急券:大阪駅→沼津駅 2,910円) 10,470円

 ひかり(特急券(e特急券):三島駅→新大阪駅) 4,490円

・シャトルバス(往復) 1,100円

--------------- 

*平成29年度富士総合火力演習紹介ページ(陸上自衛隊webサイト)

http://www.mod.go.jp/gsdf/event/fire_power/fire_power_29.html

--------------- 

*1:国府津駅の御殿場線の始発は7時01分御殿場駅着なので、沼津駅から向かう方が早く着きます。

*2:サンライズは、今は少なくなった喫煙車両が残っています。瀬戸が13号車(全部)と11号車の個室の半分、出雲が6号車(全部)と4号車の個室の半分が喫煙可能になっています。詳しくない駅員さんだと予約時に教えてくれないこともあるので注意が必要です。

*3:同じ電車に乗っていた人でどんどん行列が長くなっていきました。御殿場駅の改札への階段は国府津駅方面側にあるので、できるだけ早くシャトルバスに乗り換えたい場合は、沼津駅で国府津駅方面側の車両に乗ることをお勧めします。

*4:これは必須です。シート席では長時間地面に座ることになるので、何もないとお尻がかなり痛くなります。

*5:開始時間が近づくほど人が増えて混雑するので、欲しいものがあるなら早めに買い物するのがGoodです。また、終了後も大混雑し、人気商品は早めに売り切れます。

*6:一部の画像はトリミングしました。

*7:掲載した写真の何枚かは、動画から切り出しています。

*8:EX予約なら、帰りのシャトルバスの混雑状況次第では、予約を後の時間に変更することもできます。

*9:雨が降るよりは良かったです。

*10:2017年8月時点の日祝ダイヤです。