【奈良・三重】絶景のパノラマ・大台ヶ原の紅葉

 仕事が忙しかったり、2週連続で週末に台風が来たりで、夏以降はカメラを持って出かけることができていませんでした。

 しかし、今回は、やっと週末に時間ができ、かつ、晴天ということもあって、久しぶりに遠出しました!

 

  今回訪問したのは、奈良と三重の県境・山奥の大台ヶ原です。

f:id:K-B:20171106162104j:plain

(地図データ:Googleマップ (Ⓒ 2017 Google, ZENRIN)より)

 

 大阪からは結構遠いのでなかなか重い腰があがらず今日まで過ごしてきましたが、大蛇嵓から見る紅葉は絶景とのことだったので、ついに行ってきました。

 

 大阪阿部野橋駅から近鉄南大阪線・吉野線の特急に揺られること約1時間20分、大和上市駅で奈良交通の特急バス*1に乗り換えて約2時間*2でビジターセンター・駐車場に到着します。

f:id:K-B:20171106162309j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 紅葉シーズンなので、大和上市駅に着くと多数の人がおり、バスは臨時(2台目)が出ました。そした、下車時には帰りのバスの時間*3を確認され、人数確認のための整理券が配布されました。大杉谷方面からの登山者がバスで下山することも考慮して、乗客を残すことが無いように必要十分のバス台数を調整しているそうです。そのため、混雑しても時間にさえ間に合えば安心して帰ることができます。

 

 バスは途中からは大台ヶ原ドライブウェイを通りますが、車窓が素晴らしかったです(写真を撮り忘れました…)。

 

 ドライブウェイは、駐車場に近づくと片側1車線の整備された道ですが、最初はすれ違いが難しい細い箇所もある山道でした。また、駐車場はいっぱいで、駐車場付近で路上駐車もされていました。

 運転に自信がない人は、私と同じようにバスをおすすめします。

 

 到着後はトイレ*4を済ませてすぐに散策開始です。というのも、帰りのバスの時間から逆算すると滞在時間が限られるので、サクサク進むしかないのです。

 なお、トイレは散策コースの途中には一切ないので、必ず駐車場エリアで済ませておく必要があります。

 

 一般の人が入ることができるのは、「東大台」と呼ばれるエリアです*5

  まずは、順路に従って日出ヶ岳山頂の展望台を目指します。ずっと上りです。ビジターセンターから約45分で到着です!

f:id:K-B:20171106162443j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 大台ヶ原の最高峰*6なので、360度見渡せます。日によっては富士山も遠くに見えるそうです。

f:id:K-B:20171106162444j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

  少し下った所にある展望台からもパシャリ。山が良い感じに紅葉していました。奈良県と三重県との県境なので、遠くに尾鷲湾も見えます。

f:id:K-B:20171106162445j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

  次は有名な正木峠の立ち枯れのエリアに。

f:id:K-B:20171106162446j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

f:id:K-B:20171106162447j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 なんとも言えない光景に心が惹きつけられました。伊勢湾台風等の大型台風による倒木、森林伐採、シカの食害等の複合的要因でこのようになってしまい、元々あった苔がなくなって笹ばかりになってしまったそうです。

 

 この後は、しばらく上り下りを繰り返し、神武天皇像のある牛石ヶ原にを通過。

f:id:K-B:20171106162448j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

f:id:K-B:20171106162449j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 

 そして、目標の大蛇嵓に到着!!日出ヶ岳山頂から約1時間30分くらいだったと思います。

f:id:K-B:20171106162450j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 約800メートルの断崖絶壁の上で、思わず足がすくみました。

 先端ではかなりのスリルが味わえます。

f:id:K-B:20171106162452j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 しかし、先端に行った者にしか見えないものがある。その絶景がこちらです!!

f:id:K-B:20171106162451j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 ちなみに、タイミングが悪いと足元の悪い岩場の上でこんな感じで行列ができます。

f:id:K-B:20171106162453j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 

 ここからは、コースは大きく分けて2つ(一般向けコースと健脚向けコース)がありますが、せっかくなので健脚向けコースにしました。

f:id:K-B:20171106163237j:plain

(マップ:「大台ヶ原 探勝日帰りきっぷ|奈良のお得なきっぷ|観光・おでかけ|近畿日本鉄道」より)

 

 ただ、健脚向けコースは、一度沢まで下ってから再び上ることになるため、アップダウンがすごいです。しかも、下りは岩場が多く、かなり足元が悪かったです。

f:id:K-B:20171106162454j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 なんとか渓流にかかるシオカラ谷の吊り橋に辿り着き、水辺で一服してひたすら石段や坂を上って駐車場に戻りました。水がとにかく冷たくて綺麗でした。

f:id:K-B:20171106162455j:plain

(Nikon D750+AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)

 大蛇嵓から吊り橋まで約40分、吊り橋から駐車場まで約40分程度かかりました。

  

 途中で何度か小休憩(昼食を含む)を入れながら歩くと、健脚向けコースで1周するのに約4時間程度かかりました。帰りのバスの時間を考えると結構ギリギリなので、バスで行く人はきっちりペース配分しておかないと乗り遅れという大変な事態になります。

 引き返し時点での時刻や長い上り下りに自信がない人は、一般向けコースを選択した方がよさそうです。

 

 最後に、自家用車で比較的アクセスしやすいためか、スニーカーに軽装で来ている人もちらほらいましたが、所々に険しい道もあったので、ある程度のアウトドア用の服装に登山靴がベターだと思います。

 今回は、幸運にも雨が振りませんでしたが、大台ヶ原は日本屈指の降水量のエリアでもあるので、雨具も必須です。

 

 こんな絶景に日帰りで行けてしまうのは、なんとも嬉しい限りでしたが、夜の星空も素晴らしいそうなので、今度は泊まり*7でも来てみたいです。三重県側の大杉谷からの登山や西大台エリアの散策もいつかはと思っています。

 

 そういえば、風景撮影用に広角ズームレンズ(AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED)を購入してしまいました。マクロ、望遠ズームに続くレンズ沼です。

  Nikonの純正広角ズームレンズは、大三元のAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、小三元のAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRと購入したAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDがあります。

 14-24の写りは間違いないのですが、価格や重さ、出目金レンズを持ち出す心配等から検討対象外となり、16-35mmと18-35mmで迷いました。

 そして、広角側の2mmの違いや手振れ補正の有無からかなり迷いましたが、コストパフォーマンスや軽さ、18-35mmの写りの評判等からこっちにしました。

 山の風景は、24mmの世界から18mmの世界になると、全然違います!良い買い物をしました。

---------------

《今回の旅の旅程*8

7:10 大阪阿部野橋駅(特急)→ 8:21/9:00 大和上市駅(奈良交通バス)→ 10:51 大台ヶ原

・・・《大台ヶ原散策》・・・

15:35 大台ヶ原(奈良交通バス)→ 17:21/17:38 大和上市駅(特急*9)→ 18:51 大阪阿部野橋駅

---------------

《今回の費用》

交通費:6,000円

・乗車券等

 大台ヶ原 探勝日帰りきっぷ*10 4,980円

・特急券

 大阪阿部野橋駅⇔下市口駅) 1,020円(510円×2)

--------------- 

*大台ヶ原紹介ページ(環境省webサイト)

http://kinki.env.go.jp/nature/odaigahara/odai_top.htm

*大台ヶ原紹介ページ(上北山村webサイト)

http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/#c4

*大台ヶ原 探勝日帰りきっぷ(近畿日本鉄道webサイト)

http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/odai/

--------------- 

*1:平日は9時00分発のみ、土休日も9時00分発と9時30分発だけと本数が少ないです。

*2:台風21号の被害で国道309号に土砂崩れが発生して迂回路での運行となっていたため、通常より15~20分程度多く時間がかかりました。

*3:平日は15時30分発のみ、土休日も14時30分発と15時30分発だけと本数が少ないので、乗り遅れに注意する必要があります。

*4:バス停の近くにトイレがありますが、古い上に数が少ないです。ビジターセンター横のトイレの方が綺麗で充実しています。

*5:「西大台」エリアには、事前申請やレクチャー受講等をしなければ入ることができません。

*6:標高1695.1mで、三重県では最高峰です。

*7:宿泊施設として「心・湯治館」さんがあります。なお、大台ヶ原エリアはキャンプ禁止です。

*8:2017年11月時点の日祝ダイヤです。

*9:バスの乗客が窓口に殺到する上、乗り換え時間も限られているので、道路状況から大和上市駅への実際の到着時刻の見通しがついた段階でバスの中からチケットレス予約をしてしまうのがおすすめです。

*10:発駅(大阪阿部野橋駅以外の駅からの設定もあります)・大和上市駅間の近鉄の往復乗車券、大和上市駅・大台ヶ原間のバス往復乗車券、大台ヶ原の物産展でのポストカード引換券がセットになったきっぷです